バナナを知る2015.08.15

2015.08.15

普段使いの身近なフルーツ、バナナ。

雲母の名物デザートでもあるわけですが、おかげさまでスタッフはバナナのいろんな状態を見ています。

ということで、今日はバナナの変化を追ってみることにします。
まずは青めバナナ 。

img_4439-768x1024
さっぱりした甘さと酸味で、難消化性デンプンが多く含まれるので整腸効果が期待できます。

ちなみに外国のバナナは全て緑の状態で輸入することが決められていて、国内で追熟して黄色の状態でお店に並ぶのです。

虫もつかず、安全ですね。
次に黄色バナナ。

img_4448
1番目にすることが多いのはこの状態ですね。

甘味、香りのバランスが良いのが特徴です。

美容のビタミン3兄弟(ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6)が体内のエネルギー代謝を良くし、美肌効果があります。

さらに活性酸素を除去する抗酸化力が非常に高く、アンチエイジング効果があります。

つまり、女性に嬉しい効果が盛りだくさんということです。
そして茶色バナナ。

img_4452
茶色いシュガースポットが出現し、だいぶ柔らかくなります。

コクと甘みある芳醇な味わいで、免疫力を高める効果、胃潰瘍抑制効果が期待できます。
夏場の弱った状態にもってこいですね。

そしてこれが行き過ぎた状態バナナ。

img_4454
残念な状態なのでこうなる前にいただきましょう。
雲母の焼きバナナも見た目はこれに近いですが、中身は全くの別物です。