今年もよろしくお願いします!2020.01.06

2020.01.06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

雲母は本日、6日より2020年の営業が始まります!

昨年も沢山のお客様にご来店頂きましてありがとうございました。

昨年のことを少し…

毎年、炭火で焼いて美味しい食材を探しては試しに焼いてみて、また探しては焼いてみて…を繰り返していますが(笑)…昨年もたくさんの美味しい食材との出会いがありました。「氷室豚」もそのひとつです。いつものようにスタッフの試食会で焼いて食べてみると、そのジューシーな柔らかさと味わいに驚きました!また牛肉では熟成肉というのはよく聞きますが、豚肉で熟成というのも初めて。これを是非お客様へお届けしたいと動き出しました。氷室豚を生産(熟成加工している)している生産者さんにコンタクト、東京で卸してくれる卸業者さんに連絡を取りました。お取引の量など細かく決めて、2ヶ月後にはお店でご提供できるようになりました!11月、12月とご提供した『豚しゃぶ鍋』も氷室豚を使い、ご好評を頂いてとてもうれしかったです。豚しゃぶ鍋は1月からはご提供しておりませんが、炭火焼の豚肉はこちらの氷室豚を使っていますので、今年もたくさんのお客様に食べて頂けるよう積極的におすすめしていきたいです(雲母では牛肉の炭火焼きが圧倒的な人気の為…)

氷室豚へのスムーズな取引開始は卸業者の営業担当者さんのご尽力には大変助けられました。うちのような取引が少ない店舗でも誠心誠意対応して頂き、取引開始にあたり信頼をご提供したいとのことで、お忙しい中工場見学、取扱肉の試食会も開いて頂きました。精肉の工場見学は初めてで、徹底した衛生管理に驚き、同じ食材を扱う側としておおいに勉強させて頂きました。

その試食会の際に食べたお肉の中で、新たにメニューに取り入れるお肉があります。すでにご提供している「常陸鴨ロース」、新年度より新たに加わる「葡萄牛リブロ―ス」です。またそれらのお肉の魅力はこちらのブログで書きたいと思っています。これまで牛肉1種、豚肉1種でやってきましたが、昨年の氷室豚の出会いにより、炭火焼のお肉の幅が広がりました。食材を追求していくとその生産者や加工者との出会いも広がっていきます。良いものを発掘できたなら、それを最高に美味しい状態で今度はお客様にご提供してくのが私たちのやりがいだなと再認識したので、今年も野菜、肉、魚ほか、試しに焼いて、試しに焼いてを繰り返していきたいと思います。

長くなりましたが、今年も炭火を囲んで美味しい楽しい時間をご提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。